みらっちの読書ブログ

本や映画、音楽の話を心のおもむくままに。

いつかする旅のために【お題:100万円あったら】

f:id:miracchi:20210619224540p:plain

今週のお題「100万円あったら」

 

 

宝くじを買うことは、ありますか?

 

「宝くじ、必ず買う!」という人から、「年末年始は買っちゃうかな」という人、「宝くじなんて買わない」という方もいらっしゃるでしょう。

 

私は、たまに買うことがあります。

 

宝くじを買う場合、「もし当たったら」と夢見る金額。

だいたいどのくらいの金額を想定するものでしょうか。

 

やっぱり最高額!でしょうか。

 

私はなぜか常に「100万円」、なんですよね。

 

1億と10億とか、もう、単位が全然違うのに、千万を超えた時点で想像がつかないのです。ブラックジャックはお金がたまると島とか買ってましたが、それは復讐のためだったり環境保全のためだったりで、やっぱり目的があってのことだし、何より自分の腕で稼いでいるので使うのに躊躇もないでしょうけれども、普通の、庶民にはちょっと、どうしたらいいかわからない金額です。

 

 

でも、100万円なら、わーいラッキー!と素直に喜んでも、なんとなく許されるんじゃないか?と思ってしまいます。「あれも買えるなぁ」「これも、欲しかったんだよね」という、具体的な夢に溺れることができる金額、というか。100万円想定は、ある意味私のようなホントに強欲な人が夢見る金額、なのかもしれません。笑

 

素敵なブログで紹介されていた便利そうな調理器具とか。

高価で手が出なかった、憧れの食器とか。

普段は我慢している漫画大人買いとか。

 余剰のお金があったら欲しいものやしたいことは、細かいことの方がいっぱい思いつきます。

 

 

さて。実際、これまで100万円どころか、宝くじがまともに当たった試しはありません。よく巷でみる「なんとかの法則」みたいな本には、よく「心の底から信じていないから当たらない」なんて書いてありますけども。当たらないですね。よっしゃー今度こそ当たる!と、信じて買っているつもりなのですが。

 

組で買ったときの、300円はあります。最高金額は、たしか、1000円。

 

夢を買ったんだからしょうがないよね、と思うけれども、結果を知るまでは神棚に置いていたような宝くじが、紙くずになってしまう瞬間というものはとても空しいものです。

 

今回の「お題」はそんな私に、またちょっと夢を見ろとおっしゃる。

 

でも、なんですか。

100万円が目の前にある「状況」っていうのは、どんな状況でしょうかね。

 

私は宝くじしか思いつきませんでしたが、たとえば場所が「銀行」であれば、目の前にあったって自分のものじゃあないな、と思いますし、「家の前」にあったら、お地蔵さんに傘をかけてあげたことがあったかどうか、記憶をたどるかもしれません。「アタッシュケース」に100万円あって、怖い人が目の前に座っていたら、それって何か、凄まじくヤバい事態に間違いなさそうです。

 

うーん。頑張って貯金した結果、とか、宝くじに当たる以外に「ここに100万円あります」という状況はマトモじゃない。

 

よく考えると、シュールなお題ですね。

いや、なんか、怖くなってきた。笑

 

すべての妄想を取り払って、とりあえず目の前に自由にしていい(とまでは言われてないけれども)100万円があるとして。

 

今なら私は、迷わず未来の旅行代金に当てます。

 

世界が分断され、簡単に行き来できなくなるなんて、2年前には思いもしませんでした。ワクチンが広まり、この世界の感染症との闘いが収束して、空港の制限が解除され、各国の隔離もなくなり、飛行機に乗ってどこまでも行けるようになったら、そのときこそ思い切り、気持ちよく、いろいろな場所に行きたいです。

 

家族とでも、友達とでも。

旅をして、会いたい人に会って、たくさん話がしたいです。

 

今はそれが、最大級に贅沢な使い道に思えます。