みらっちの読書ブログ

本や映画、音楽の話を心のおもむくままに。

思春期 VS 更年期【お題:叫びたい!】

f:id:miracchi:20211101102252p:plain

 

今週のお題「叫びたい!」

 

こんにちは。

 

10周年特別だけではなく、週のお題も粛々と進行するのですね。

 

叫びたいこと。

そうですね・・・

今回の私の場合は、「叫びたい」という常日頃心に溜めておいた気持ちを吐き出すのとは、少し、違います。

 

叫ばなくて済むのなら叫びたくないのだが、叫んだことによってさらに心の中で悲鳴を上げた、というお話。

 

なんのこっちゃ。笑

 

実を言うと、既に日々、叫んでおりまして。

 

起きなさーい

勉強しなさーい

いい加減にしなさーい

早くしなさーい

 

バリエーションも豊富で、シチュエーションも枚挙にいとまがありません。

 

それ以上に頭から湯気が出るような口答えに遭遇した時は、

 

あんた、何やってんの!

いい加減にしなさいよ!

 

みたいなことに徐々にヒートアップ。

 

息子は、大声で叱ったところで改心することなどありえない、思春期ど真ん中。

にもかかわらず、カッとしてつい、叫んでしまう更年期真っ只中のワタクシ。

 

正直もう嫌です。叫ぶ自分も嫌です。何もかも嫌です。

 

しかし遠方の両親は、

 

声を出すだけいいじゃないの

叫ぶ相手がいるなんて幸せだよ

叫ぶことがあるなんて、今だけじゃない

 

と、超ポジティブシンキング。

あえて、叫びを楽しめ、と?

 

まあまあ、そのうち叫ぶこともなくなるよ

寂しいくらいだよ

 

それもそうかな、と思う反面、大声を出す自分に虚しさから自己嫌悪に陥る毎日。

 

夏の終わりころでしたでしょうか。

 

うっかり窓が全開であることを忘れて、最大ボリュームで息子を叱り飛ばしてしまいました。

 

ハッ!と窓全開に気づき、赤っ恥をかいたと慌てて窓を閉めました。

その時は怒りの興奮冷めやらぬこともあり、

 

「まあ、良くあることだし、世間様もさして気にしないだろうし、きっとすぐ忘れてしまうだろう。次は、窓は閉めてから叱ろう。気をつけなくちゃ」

 

と思って平気を装い、私自身もすぐそんなことを忘れてしまいました。

 

月日は流れ。

 

秋口のある日、ゴミ出しの帰りに我が家の下の道路にいたところ、ガラガラッ!と何階かのベランダの網戸と窓が開き、男性の声で、おい!と一瞬、声が響きました。

 

部屋にいるお子さんを軽く叱った声のようでした。

 

しかし私は、その声が路上にあまりに響くことに驚愕

 

マジか!

こんなに聞こえるのか⁉️

 

今の絶対、普通の声だったよね。と、言うことは、あの時の私の声、おそらく内容までくっきりハッキリ響き渡ったよね⁉️

 

きっかけはつまらない(いつもの)ことだったと思いますが、あの日わたしは息子の言動にかなりキレていて、割と詳細な思いの丈をぶちまけたような気が…

 

ィィー‼️

 

そのときの内心の悲鳴は、ほとんど「ムンクの叫び」。

 

教訓。

子供を叱る時は、くれぐれも近所迷惑にならぬよう、窓を閉めよう。

 

 

叫びたくなったら、窓を閉めて回れば、冷静になれて一石二鳥かも?

換気のためにも、いっそいつも窓を開けてたら、叫ばなくて済むんじゃ?

 

しかし、今日から11月。

夏より確実に窓を開ける回数は減っています。

 

まだしばらく、私のむなしい叫びは部屋中にこだましそうです。

 

てか、窓閉めてても聞こえるよねこれ。

 

「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマがありましたが、本当の緊急事態でもない限り、叫ぶは恥だし役に立たない。

 

わかっちゃいるけど・・・

 

あの日以来、できるだけ大声で叱らないように頑張っておりますが、あのときのことは、思い出すだけで穴があったら入りたいです。

 

ぃぃぃ~